トップページ | 【10周年を振り返るテリー植田とryusuke対談】(byテリー植田) »

岡村靖幸ナイト 10周年へ向けて!(byテリー植田)

Okamuralogo

岡村靖幸ナイトは、19991230日の六本木で開催した第1回から数えて、2009年は、なんと10周年目に突入します。第1回の今はなき六本木パラノーマルに始まり、朝日美穂さん主催のトリビュートイベントが行われた新宿ロフト、新宿ロフトプラスワン、西新宿カレントなど東京だけでも多くの会場で開催され、仙台、北海道、大阪、名古屋、福岡とその岡村ナイト熱は、地方にまで広がって行きました。本人の復活と同時に岡村ナイトの盛り上がりもピークを迎え、ほんといろんなことがありましたが、10周年イヤーを迎えることになりました。10周年を目指してきた訳ではなく、きっと通過点の10年だと思います。20代だった人は、30代へ。みんな岡村ナイトといっしょに年を重ねて来たと思うとなかなか感慨深いものがあります。

ワンアーティストのイベントでここまで長く続くとはまったく思っていませんでした。会場もDJ10年でいろいろ変わってきましたが、10周年を迎えるにあたって、もう一度、僕自身で岡村ナイトを見つめなおして、岡村ナイトに通って来てくれているみんなと未来の岡村ナイトに来てくれるファンのみんながもっと楽しく、交流できる岡村ナイトにしていこうと強く思っています。

具体的には、早い時間帯への変更やBARスタイルの会場での開催を考えています。より多くのファンが集まれることを考えると、今までの深夜の時間帯よりも、電車で帰れる時間帯にしようと考えています。それと、ライブハウスで踊るスタイルからラウンジ、BARカウンターで会話ができるスタイルにしようとも思っています。もちろん、踊ることができるダンスフロアがある会場で。ただし、ステージのないフロアで、DJとファンのみんなが同じフロアで一体感を出せるような環境の会場にします。来年2月に予定している会場は、ダンスフロアとチルアウトができるBARカウンター、ソファーもあるフロアがあって理想的な環境です。とてもオープンな雰囲気で、ひとりでも気楽に来れるアクセスと居心地の良さなので、安心して初めての方もぜひ、いらしてください。新しく参加するDJにも声をかけています。そして、ちょっとした来場者へのプレゼントも考えています。

この先の10年を見つめた時に、もっと岡村ナイトがオープンで誰もが楽しめる状況を作りたいなと。もし18時スタートにしたら、主婦の方や未成年の方も参加できるかもしれないし、久しぶりに岡村ナイトに行こうかと思ってくれる方もいるかもしれないなと。初めてのファン同士が、BARカウンターで会話ができるような雰囲気にしたいなと。ファン同士が岡村ナイトで久しぶりの再会なんていう場所になるとしたら、とても嬉しいです。

2009年は、年間数回の開催と、この10周年ブログでは、岡村ナイトレポート、DJのコメントなどを掲載していきますので、10周年イヤーを岡村ナイトでいっしょに楽しんでもらえればと思います。2月の岡村ナイトの詳細が決定したらお知らせします!(テリー植田)

|

トップページ | 【10周年を振り返るテリー植田とryusuke対談】(byテリー植田) »

音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140963/26007692

この記事へのトラックバック一覧です: 岡村靖幸ナイト 10周年へ向けて!(byテリー植田):

トップページ | 【10周年を振り返るテリー植田とryusuke対談】(byテリー植田) »